小学校ビオトープのデッキ改修工事

設置から10年以上経過した学校ビオトープでは、ウッドデッキの経年劣化により留め具が効かなくなったり、
破損箇所がある場合があります。

今回は、ウッドデッキの根太と床板を新しい防腐木材に交換しました。

ウッドデッキの補修前

作業前の様子

ビスが効かなくなり、ガタツキがあります。

ウッドデッキ補修作業中

作業中の様子

古い根太、床板を撤去しました。

ウッドデッキの補修後

作業後の様子

根太、床板を新しい防腐木材に交換しました。

木材の角は、子供たちが触れても危なくないように、面取りをして滑らかにしています。

同時に、不要となった雨水タンクの撤去も行いました。

雨水タンクの撤去前

作業前の様子

水が溜まっている状態では動かすことができないため、水中ポンプで水を抜き出し、軽くなったものを半分に切って取り出しました。

雨水タンクの撤去 作業中

作業中の様子

タンクのあった場所は埋め戻して、マウンドにしました。

雨水タンクの撤去後

作業後の様子

本日も、スタッフブログをご覧いただきありがとうございました!

今後も弊社の仕事についてご紹介していきますので、よろしくおねがいします。

竹之内

フォローはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA